初心者にストナンとネトナンと外見に関してアドバイスしてきました

ストリートナンパ初心者の方と合流してきました。

30代でストリートナンパ歴はほぼ0

道聞きなどはしたことあるようでしたが、ほとんどストリートナンパはしたことないということでした。

見た目は誠実っぽくて穏やかに見えながらも、とにかく女の子を抱いて人生を楽しくしたい!という熱意のある方でした。

ネットナンパについてアドバイス

ペアーズをやっているということだったので、マッチングアプリで受けのいい写真がどういうものかを自分なりに教えました。

自分がもし30代になったときに使おうと思っている写真は、こんな感じの写真です。

オシャレスーツ

オシャレスーツ

オシャレスーツ

オシャレスーツ

オシャレジャケパン

私服コーデ

私服コーデ1

私服コーデ2

私服コーデ3

私服コーデ4

ネトナンは写真が命

やはりマッチングアプリなどでは写真が一番見られるので、そこでいいなと感じてもらうのが大事です。

写真のコツは、「清潔感」「オシャレ感」「ハイスペ感」だと思います。

顔は正直見えなくても、服装や背景がオシャレであればOKです。

顔を出すのが嫌という人は出さなくてもいいと思います。

 

いい写真がないときは、知り合いのナンパ友達に撮ってもらうように頼むか、ネットで写真を撮ってくれる人にお願いするのがいいです。

タイムチケットというサイトではマッチングアプリ用の写真を撮ってくれる人達が何人かいるので覗いてみるといいと思います。

ホーム | タイムチケット

 

ストリートナンパに関してアドバイス

ストナンをほとんどしたことがないということだったので、まずはコンビで何人か声をかけました。

そしてソロで声かけをする様子を何回か見てもらった後は、一人で声をかけてもらいました。

最初は横に並ぶだけ

いきなり声をかけるのは出来ないという人は、まずは横に並んで一歩前まで出る、ということをやって戻ってくるということをするといいです。

声をかける手前まで練習して慣らしていくという感じです。

ということで、まずは3人の女性に、横までならんで声をかけるイメージを行ってもらいました。

 

ストナン初の声かけ!

だんだんイメージがつかめてきたということで、地下街に移動して実際に声かけしてもらいました。

一人目のオープン

ストナン1

しっかりとイメージ出来ていたおかげか、非常にいい形で声かけができました。

女性より半歩前に出て、腰を入れながらも上体は遠ざけて、近すぎず遠すぎない位置に入れています。

こういう形で声かけ出来たら、女性をビックリさせずに話が出来るでしょう!

ストナン2

いい感じに平行トーク出来ましたが、連絡先交換までは出来ず。

 

その後はガンシカなどされながらも、指名した子に果敢に声をかけていきました。

二人目のオープン

ストナン3

すぐさま2人目をオープンしました。

これまたいい位置で声かけ出来ています。

慣れてきたおかげか、声かけに行くまでのスピードも早くなりました。

残念ながら連絡先交換までは行きませんでしたが、初めてできちんと声をかけて会話できたという時点で成功だと思います。

声かけの内容

声かけは誠実系が自分に合ってるということだったので、

「さっき見かけて、すごくタイプでした」

という内容の声かけをされていました。

こういう声かけでも、入るタイミングをきちんと押さえれば話してくれることも多いので、続けていればおのずと結果は出るでしょう。

 

服装・髪型に関してのアドバイス

また、これまで服装や髪型に関してのアドバイスを貰ったことがないということだったので、自分なりのアドバイスをさせて頂きました。

ストリートナンパでの服装

ストナンの時にどういう服装をすればいいのかという議論は尽きませんが、個人的には、男らしくかつシンプルな服装がいいのではと思っています。

ストナンでの服装

そうすると、夏では、黒Tシャツなどがピッタリかと思います。

その場合はパンツはグレーやジーンズになるかと思いますが、季節感を出すために、くるぶしを出すか白スニーカーなどを履くといいでしょう。

そして、両手には時計やブレスレットをして、オシャレを意識していることを感じさせます。

 

ストリートナンパでの髪型

髪型も

髪型1

髪型2

髪型3

髪型3

髪型5

こんな感じでサイドが刈り込まれていて、ジェルでおデコが出るように固めてあげると男らしさが出ていいと思います。

短髪は清潔感も出るので女の子受けがいいです。

 

さいごに

こんな感じで合流して1~2時間くらいおしゃべりしながらナンパしました。

教えていると、確かにこういうこと大事だったなと自分で再認識することが出来て面白いですね。

自分が初心者だった頃のことも思い出します。

 

ナンパは最初上手く行って嬉しいこともあれば、辛いことの連続でもあると思います。もしかしたら、辛いことのほうが多いかもしれません。

でも、

もし上手くいかないことが続いて

億劫な気持ちになってしまったときは

気軽にやるナンパを思い出してやってみて下さい。

 

自分が楽しんでナンパをしていたら、きっとそれは相手にも伝わって、結果いい方向に行きます。

上の言葉は、自分のナンパの先生から貰った言葉です。

それでは、ナンパという大海原の航海を楽しんで下さい!

チャオ!

 

コメント