初めてストリートナンパで知り合った女子大生を抱いた日

ストナンで初めてのゴール!

ストリートナンパで初めて女の子とゴールできたのは、声をかけ始めて1ヶ月くらいのときです。

 

駅付近を歩いていると、目の前からふんわり系の女子大生っぽい女の子が歩いてきました。

初心者で誠実系の声かけをしていたので、

「すみません、さっきすれ違って、すごくタイプだったんで思わず声かけました。」

と声をかけました。

 

「わ、ビックリしました」

「ほんとですか~ありがとうございます。」

 

話してくれました笑

その時は用事があるということだったのであまり話ができず、LINE交換。

 

LINEで会話しながら、後日昼にカフェに行こうと誘ったところ、OKとのこと!

その子は大学生で、おとなしめな子。遠距離を経験して別れてそれほど時間の経っていなかったので、寂しいんだろうなと感じていました。

 

カフェでの昼アポ

昼アポで意識したことは、

  • 相手のペースに合わせてゆっくり話すこと
  • 恋愛話を引き出す
  • 相手の元カレを初っ端から否定しない
  • 非モテであるような発言を控える
  • 少しエロいトークも最後のほうで入れる

みたいなことですかね。

 

カフェで和んだ後は散歩しようといって、歩きながら手繋ぎしようとしたところ、すんなりと繋いでくれました^^

 

後日女の子の家で!

食いつきが上がったのかその後のLINEは好調で、向こうが散歩が好きなので次は夜に散歩しようということに。

夜だし家行くよ的な発言をしたらすんなり家でのアポが決まりました。

 

そして女の子の家へ!

この時点でゴールをだいぶ確信しましたが、慢心せず再度丁寧に会話して、女の子との距離を詰めました。

 

もちろん散歩などせずそのまま家にあがり込み、話の頃合いを見計らって、ちょっとこっち来ようかといって肩の抱き寄せ、髪いい匂いするねで顔を近づける、目を見てそのままキスというコンボを決めました。

 

「ねえ、ちょっと待って」「ダメ」「初対面だし」「付き合ってない」などのグダがありましたが、身体に力が入っておらず、目がトロンとしているので、

 

「だって、人間だもの。相田みつおしらない?」

「だって人間だもの。」

の相田みつおグダ崩しを使いながらガードを解いていきました。

 

女の子は、自分が軽い女の子だと思われるのをとても嫌うので、何か理由を与えてあげるのが重要です^^

 

ガードが解けた女の子はとてもエロく、満足できた夜でした笑

 

ストリートナンパで、女の子とエッチできたんだ!という高揚感と共に、めちゃめちゃ幸せを感じたことを思い出します笑

 

その後この子とは何度か会いました^^

コメント