祝日に地下街でナンパした巨乳看護師のお話~Gカップは反則~

ある祝日、地下街でナンパをしてました。

夜22時くらいに改札に行こうとしていた人に声をかけました。

声かけの内容

落とし物系の声かけをしました。

 

「すみません、ちょっといいですか?」

「あの落し物しちゃって、出会い落としちゃったんですけど」

「ははは笑」

「知りませんかね?」

「あ~いや、ちょっと・・・^ ^ 笑」

「あーそうですか、出会いポロっと落としちゃって、あれどこいったかなーと思ってたんですけど」

「笑笑」

「いま帰りですか?」

「はい」

「帰りますか~。僕も帰りたいんですけど、帰る前に、ちょっとだけ飲み物飲みたいなーと思って、よかったら誰か手伝ってくれないかなーなんて笑 よかったらどっか行きません?」

「え~」

「ちょっとでいいんで、ほんと、落とした出会いについて語りません?」

「ははは笑笑」

「5分でいいんで、5分でいいです。」

「ん~」

「じゃあ1時間」

「笑笑」

「2時間。さすがに2時間は無理か笑。ほんと、あの、2分くらいしてつまらなかったら帰ってもいいんで」

「はは笑」

「5分間楽しませるんで」

「5分ならまあ~笑」

 

てな感じで連れ出し。

 

カフェで適当に話す

看護師で、実家暮らしらしい。

 

基本的にはカフェ連れ出して会話して、散歩しながらタクシー拾って自宅かホテルに行きます。

 

正直結構かわいい子だったので、その場は連絡先交換だけにして後で丁寧に行ってもいいと思ったのですが、

 

こういう時こそ、「失う覚悟を持って前に進む!」という言葉を思い出して自宅に誘うことに決めました。

 

カフェを出てタイミングを見て自宅に誘う

自宅に誘うときはこんな感じの話をしました。

 

「今日は返したくない。ここで返したら後悔する気がする。」

「俺が女の子だったら、確かに怖いと思う。」

「でもちょっとでも俺がいいと思っているなら、付いてきて欲しい。」

「えーじゃあ絶対何もしないでよ。絶対だよ。」

「嫌がることは絶対にしないよ^^」

「家に来て嫌だったらタクシーで帰ってもいいよ」

「ん~・・・分かった。」

 

グダ崩してタクシーで自宅へ。

 

人生で初めてのGカップ

自宅について、軽く話しながらおっぱいを揉むと、

「むにゅ」

と指が食い込んだ。

 

「え、おっぱい大っきくない?笑」

 

「…私、Gカップあるんだ…」

 

人生で初めてGカップを揉みました笑

 

その後は一晩中Gカップを揉みしだいてました笑

 

落ちていた出会いはGカップだったらしいです。

 

声かけて良かった!

 

看護師は出会いが少ないらしいので、ナンパに答えてくれる人が多いイメージです。

コメント